« 【12月】最新キャッシュフローゲーム会 | トップページ | キャッシュフローゲーム キッズ版を開催 »

2012/11/11

11/10 菊名ゲーム会

初の試みとなったキッズ版での開催は、
小学生三人と、幼稚園児とそのお母さんでのプレイとなりました。
更に会場内は1歳児がウロウロしているという・・・

キッズ版開催に相応しいシチュエーションでしたcoldsweats01

キッズ版の進行が難しいのは部材が多すぎる事。
そしてバンカーとのやり取りに時間がかかる事ですかね。
子供だと、4人プレイで自分の番が来るまでに飽きてきちゃう感じ。
やはり解る子供にはpaycheckで時間短縮を取り入れた方が良いと思います。

ゲームの方はキッズ版なので、戦略的な展開がありませんでしたが、
子供が不労所得の意味や重要性を感じられる様な方向でのルールになっている点はよく出来たゲームだと思います。
ただ、本当の意味で不労所得を得ることや、投資の考えに至るかは少し時間やプレイ回数が必要でしょう。
子供はルール的に理解するだけの「不労所得をふやしている」だけで、
その事が
給料所得と不労所得の異なる点や
なぜ不労所得で支出を上回る事が勝ち上がりになるのかが
理解できないのかもしれません。
その点から見れば101版も同じで、大人が101版をプレイしてみても、
気がつく人は気がつき、気がつかない人はずっとラットレースから
抜け出せないままでいる事もありますから・・・
現実にも、ゲームでも。

子供とこのゲームをプレイするのに一番心配していたのは
子供が「お金を貯めるゲーム」と勘違いしないか??という点でしたが、
本日参加してくれた子供達にその様な傾向はありませんでした。
一枚だけ子供の気分で流した資産カードがありましたが、
証券カードだったので、効率的にも悪かった内容であったため、
ある意味買わないでも良かったカードがありました。
実際、手持ちの現金が$500-まで落ちていましたから、
ゲームオーバーまでギリギリ危ない感じの展開でもありましたからね。

あと、一人のプレーヤーは住宅ローンで支出が$200-上がるアンラッキーなカードを引き、
そのプレーヤーがやはり最後までゲームに残る展開でした。
なので、支出が$200-増えるという事は、キッズ版ではかなりのハンデになる点も
見ていて感じた事です。
支出が増えなかったプレーヤーはいませんでしたが、
サンシャインカードで相殺できたプレーヤーと
無駄遣いがノーカウントにできたプレーヤーもいましたので、
各カードのバランスもソコソコ考えられている様です。
証券カードの枚数が全体的に多めなので、
投資額からすると不労所得が増えにくい様に設定されていますが、
この辺りはゲームの時間的な難易度で調整されている感じでした。
同じ資産でも増える不労所得額に差がある様な設定だと、
もう少し戦略が必要なゲームになって、
何度もプレイしても楽しめる様になるかもしれません。


さてさて・・・
初めてキッズ版での開催は無事に終了し、
せっかく買ったキッズ版ですので、今後も活用していこうと思います。

そこで、お知らせとして
金持ち父さん・金持ち母さんになりたいご両親や、
子供にお金の勉強を教えたいご両親向けに
横浜の菊名・妙蓮寺での開催に限り、
キッズ版での開催も取り入れます。
通常101版での開催ですので、お申し込み時にキッズ版希望と参加人数をお知らせください。お問い合わせのみでも返信いたします。
※他の参加者との兼ね合いで開催出来ない場合もあります。


« 【12月】最新キャッシュフローゲーム会 | トップページ | キャッシュフローゲーム キッズ版を開催 »

【キャッシュフローゲーム日記】」カテゴリの記事