« 【11月】西湘キャッシュフローゲーム会 | トップページ | 【11月】東京キャッシュフローゲーム会 »

2010/10/28

「学ぶ」という事

先日、子供をもつ女性が

将来子供がバイクの乗りたいと言い出したらどうするか??

的な話の中で

「バイクは危険だから・・やはり反対する」

と言っていたのが聞こえてきた。

ある意味正論。

確かにバイクに乗る事がなければ

バイクで転がる事も、事故にあう事もない。

その代わりにバイクに乗ることによる

楽しさや、利便性を失う事になる。

どんな物や行動にも当てはまるが、

リスクを避ける事により、リターンまでを手放してしまう方法が

果して正解なのだろうか・・・??

と、少し考えさせられた。

バイクを例えて、事故・怪我・時には死・・・

この様なリスクやデメリットは

安全に乗る方法を考えたり、習得する事で

時には軽減できたり、回避する事も可能である。

勿論、リスクとリターン またはメリットとデメリットを天秤にかけて、

どちらかに「絶対」は無いが・・・

日本は16歳で原付バイクの免許が取得できる。

ブームや手軽さから原付バイクが持てはやされている事もあり、

メーカーも多数ラインナップしている。

その様な背景からか、10代の若者のアイテムとしてや、

主婦が自転車代わりに原付バイクに乗り、

運転技術の未熟さから事故に至り、

怪我人や死者が多くなっている現実が

クローズアップされていたテレビ番組の中で、

例えば高校生の事故を減らすのは簡単である。

校則などで禁止してしまえば良いからだ。

ただ、安全に乗る方法を教えてから乗せるのは難しい。

どちらの方法も事故の数字を減らす結果は出るが、

減らし方が問題であり、

それは乗る側ではなく、禁止をするのか教えるのかを選ぶ

大人側(決める側)の責任であると・・・

タレントの島田伸介さんがその様な内容のコメントをしていた。

ビジネスや経済に置き換えてみると、

リスク回避の方法を選ぶのは自己責任である。

背負うべきリスクの内容や、

回避の方法を学ぶ事もやはり最低限必要になってくるものでもある。

そして、方法は成果や成功に比例してより高度であり、

難しいものとなる。

リスクを背負う道を選び、努力を惜しまなかった人が

金持ち父さんの資質を持ち、

お金に対する知識や知性といった安全性を身につける結果となる。

どちらの方法を選択しても、間違えではない。

困難な道を選び、学んだ結果が異なるだけ。

その結果は成果となって、時に経済面であったり、

時に人間性であったりする事だろう。


« 【11月】西湘キャッシュフローゲーム会 | トップページ | 【11月】東京キャッシュフローゲーム会 »

【キャッシュフローゲームで学ぶ】」カテゴリの記事